トピックスTopics

美肌のための「正しい習慣」
「間違った習慣」

夏の行いが
未来の肌を決める!

美肌のための
「正しい習慣」
「間違った習慣」

強い日差しにムシムシとした空気。エアコンによる乾燥、マスクによる蒸れや刺激ーー。肌にとっても過酷な夏を、きちんとケアしないまま越してしまうと、くすみやカサつきが顕在化し、秋にはすっかり老けた印象に……。大切なのは、特別なケアをプラスするというよりも、基本のケアを正しく行うこと。夏のダメージを最小限にする美肌習慣で、今日、明日、そして未来の美肌を叶えましょう。

心当たりはありませんか?
夏にしがちな「間違った習慣」

  • 間違った習慣1

    洗顔料の泡立てが不十分だと汚れを取り切れない上、摩擦刺激も起こりやすくなります。泡立てネットでしっかり泡立てを!

    洗顔料の
    泡立ちが足りない

    洗顔料の泡立てが不十分だと汚れを取り切れない上、摩擦刺激も起こりやすくなります。泡立てネットでしっかり泡立てを!

  • 間違った習慣2

    残った洗顔料が刺激となり、肌トラブルの原因になります。髪の生え際やフェイスラインは念入りにすすぐようにしましょう。

    洗顔料の
    すすぎ方が雑

    残った洗顔料が刺激となり、肌トラブルの原因になります。髪の生え際やフェイスラインは念入りにすすぐようにしましょう。

  • 間違った習慣3

    さっぱりケアしたいからと毎日化粧水だけでは、肌はうるおい不足の状態に。後にくすみや乾燥につながるので要注意です。

    洗顔後のケアは
    化粧水のみ

    さっぱりケアしたいからと毎日化粧水だけでは、肌はうるおい不足の状態に。後にくすみや乾燥につながるので要注意です。

  • 間違った習慣4

    「ビタミンCはシミの原因になる」という噂は誤り。むしろ紫外線ダメージから肌を守ってくれるので、積極的に取り入れて。

    ビタミンC入りの
    化粧品を避ける

    「ビタミンCはシミの原因になる」という噂は誤り。むしろ紫外線ダメージから肌を守ってくれるので、積極的に取り入れて。

  • 間違った習慣5

    SPF値が高いほど肌への負担が大きくなります。日常生活ではSPF20~30程度で十分。強さよりもこまめな塗り直しが大切です。

    SPF50の日焼け止めを
    塗りたくる

    SPF値が高いほど肌への負担が大きくなります。日常生活ではSPF20~30程度で十分。強さよりもこまめな塗り直しが大切です。

  • 間違った習慣6

    開封後は劣化するので、取り置きせずにきちんと使い切るのがベター。変色や臭いが気になる場合は使用を中止しましょう。

    昨年の残りの
    日焼け止めを使っている

    開封後は劣化するので、取り置きせずにきちんと使い切るのがベター。変色や臭いが気になる場合は使用を中止しましょう。

  • 間違った習慣7

    入浴時、力まかせにゴシゴシこすると必要な水分や油分も落としてしまいます。たっぷりの泡で優しくオフしてあげましょう。

    日焼け止めを
    ゴシゴシ落とす

    入浴時、力まかせにゴシゴシこすると必要な水分や油分も落としてしまいます。たっぷりの泡で優しくオフしてあげましょう。

  • 間違った習慣8

    暑い夏でもお湯につかることが大切です。エアコンによる冷えや室内外の温度差で乱れた自律神経を整える効果があります。

    毎日シャワーで
    済ます

    暑い夏でもお湯につかることが大切です。エアコンによる冷えや室内外の温度差で乱れた自律神経を整える効果があります。

  • 間違った習慣9

    暑いと冷たいドリンクやアイスが欲しくなりますが、取り過ぎると血流が悪くなってしまいます。常温やホットドリンクがおすすめです。

    冷たいものばかり
    摂取する

    暑いと冷たいドリンクやアイスが欲しくなりますが、取り過ぎると血流が悪くなってしまいます。常温やホットドリンクがおすすめです。

毎日のルーティン化で美肌へ
朝・昼・晩の「正しい習慣」

1

朝起きたら
保湿力のある洗顔料で洗う

正しい習慣1
Tゾーン・顎から洗うとさっぱり

睡眠中に分泌された汗や皮脂をしっかり落とすには、朝の泡洗顔がマスト! ベタつきやすいTゾーンや顎から、頰、フェイスラインへ泡を滑らせながら優しく洗いましょう。保湿力のある洗顔料なら洗い上がりしっとり。スキンケアも浸透しやすくなります。

厳選した美容成分を配合。
毎日の洗顔で明るくクリアな印象へ

リペア洗顔フォーム
税抜3,333円(税込3,666円)/
120g(約45日分)

* 角質層まで
リペア洗顔フォーム
2

濃密なオールインワン
しっかり保湿する

正しい習慣2
夏でもハンドプレスを忘れずに!

ベタつくからとスキンケアを省いてはいませんか? 肌の表面では乾燥を感じていなくても、肌の内側は乾燥している恐れが。そんな夏こそ、オールインワンが便利です。つけた後は、ハンドプレスを忘れずに。しっかり浸透させることで化粧崩れも防ぎます。

100%美容成分処方で
年齢肌を根本からケア

リペアジェル
税抜15,000円(税込16,500円)/
32mL(約60日分)

* 角質層まで
リペアジェル
3

スキンケアの
最後は日焼け止めで締める

正しい習慣3
Cゾーンには重ね塗り、
首、デコルテも忘れずに

メイク前や出掛ける直前に日焼け止めを塗る人が多いようですが、朝のスキンケアの最後に取り入れるのが正解。日焼け止めを手のひらに広げ、顔の中心から外側へ、首やデコルテまでムラなく伸ばしましょう。日焼けしやすいCゾーンには重ね塗りを。

ブルーライト&近赤外線もカット!
全身に使える日焼け止め

リペアUVクリーム
税抜4,000円(税込4,400円)/
40mL(約75日分)SPF30・PA++
ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)

リペアUVクリーム
BEAUTY COLUMN

近赤外線・ブルーライトも
肌に影響を与える⁉

紫外線がシミやハリ不足の原因になるのは有名ですが、同じく太陽光に含まれる近赤外線や、パソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトも肌に悪影響を与えることがわかっています。大人の日焼け止め選びは、これらの影響からも守ってくれるか、成分は肌に優しいかがポイントです。

日焼け止めの選び方
4

外出時はUVカット効果のある
パウダーで塗り直す

正しい習慣4
余分な皮脂はティッシュオフを

日焼け止めは2~3時間おきの塗り直しが理想ですが、メイクをしているとなかなか難しいもの。そんなときはUVカット効果のあるパウダーが便利。ティッシュで余分な皮脂を落とした後に上から重ねるだけで、メイク直しと同時にUV対策も完了します。

クリアホワイトパウダーLW レフィル
美しい仕上がりを長時間キープ!
携帯にも便利なプレストパウダー

クリアホワイトパウダー LW レフィル
税抜4,500円(税込4,950円)/
9g(約60~90日分)SPF32・PA+++
ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)
パフ・ケースは別売りです。

5

夜は負担の少ないクレンジング
メイクオフ

正しい習慣5
帰宅後、即落とすのが鍵!

1日を過ごした肌は汗や皮脂、目に見えない汚れが付着した状態。帰宅したら一刻も早く落としてあげましょう。手洗い・うがいの流れで習慣化させると◎。ゴシゴシとこすらずに落とせるクレンジングで、優しく洗うことが美肌につながります。

しっかりメイクや汚れを落とすのに
天然由来だから肌に優しい

リペアクレンジングオイル
税抜3,619円(税込3,980円)/
200mL(約45日分)

リペアクレンジングオイル
敏感肌にも使える優しさを追求。
メイクオフしながらうるおいを守る

リペアクレンジングクリーム
税抜3,619円(税込3,980円)/
150g(約45日分)

リペアクレンジングクリーム
BEAUTY COLUMN

うっかり日焼けは、冷やし
タオルでその日中にケアを!

うっかり日焼けは、
冷やしタオルでその日中にケアを!

日焼けや肌の赤みが気になるときは、冷水を含ませ絞ったタオルなどで、素早く肌を冷やして鎮静させましょう。メイクの上から冷やしてもOKです。

冷やしタオルでケア

ページの上部に戻る