RISOU リソウコーポレーション

ご挨拶

リソウが追求するのは、本物の価値をもつ
「一歩先の化粧品」です。

1995年の創業当初は、植物が持つ栄養素の研究、ならびに健康食品の原料開発が主力事業でした。特に皆様の健康増進とQOLの向上に注力して参りましたが、体内の充実だけでは打ち破れない問題と対峙することなり、変革期を迎えます。

それは、刺激の強い成分の使用で起きていた肌トラブルです。消費者の多くは原因も理解できないままに化粧品を模索することが当たり前の時代でしたが、植物の栄養を元に安全と健康を追求していた弊社では、そのノウハウから解決策をイメージできたのです。

これが、化粧品の開発を始めた契機であります。特に重要視したことは、植物の力を化粧品に活かすことです。過酷な環境下でも育ち続ける植物の生命力は逞しく、私たちはその恩恵に授かりながら生きています。

中でも日本人が古来より生きる糧としてきたお米が持つ高い栄養価に着目した弊社では、自社農場で独自に開発した農法を駆使し、無農薬栽培米の生産に着手しました。 そして、特別な抽出やビタミンの活用を経て、最良で妥協の無い唯一の化粧品が誕生することとなり、今に至ります。

近年の化粧品は技術の進歩に伴い、格段に品質が高まっています。しかしながら、 環境問題や生活リズムの変化など、肌が不安定となる要素もまた増加傾向にあります。 常に高い意識のもとで変化を察知し、現状におごることなく「時代の一歩先をゆく化粧品」をご提供することこそお客様を想う弊社の使命と強く認識しております。常に植物を敬い、その生命力を美容に活かし続けます。そして微力ではありますが、より一層社会に貢献できる企業となるべく邁進することをお約束致します。

代表取締役 齊藤紀克

企業の取り組み

ビタミンCの機能性解明

ビタミンCのさらなる有効活用を行うために、機能性の解明を継続しております。特に、ビタミンCの権威である東京都健康長寿医療センターの石神昭人氏と長年共同研究を行い、その成果は学会発表や国際ジャーナルであるBiochemical and Biophysical Research Communications での掲載などで公表しております。

有機JAS認証の取得

自社農法の「りそうファーム」で生産しているお米は、自然の力を最大限に利用した農法を用いており、農林水産省の登録認定機関による有機JAS認証を受けています。

3つの柱による社会貢献活動

自然環境の保護をサポート

限りある資源が人間の都合で減少しています。
私たちの未来のためにも、
自然環境を保護に取り組んで参ります。

森林保全の活動支援

音楽家・坂本龍一氏が代表を務める森林保全団体「more Trees@」。「都市と森をつなぐ」をキーワードに、「森と人がずっとともに生きる社会」を目指す取り組みを支援しています。

地球温暖化防止活動をサポート

グリーンサイトライセンスを通じて二酸化炭素(CO2)を吸収する森林の植林活動に参加し、地球温暖化の防止に協力しています。

医療分野における活動をサポート

アレルギーやガンの抑制、
女性の健康管理に貢献する団体を積極的にサポートし、健康でイキイキとした社会を応援します。

アレルギーの問題解決と患者支援をサポート

アレルギー疾患を持たれる方が医療関係機関や自治体、企業と協力して問題の解決が図れるよう活動するNPO法人アレルギー支援ネットワークを支援しています。

がんの撲滅を目指す活動をサポート

ピンクリボン運動をはじめ、がんの早期発見や早期治療、生活習慣の改善によって「がん撲滅」を目指す日本対がん協会の活動を支援しています。

更年期や老年期医学、予防医学の発展をサポート

女性のライフステージに応じた健康管理の進歩・発展を図り、人類や社会増進に貢献する日本女性医学学会の活動を支援しています。

ボランティアバンドの活動をサポート

音楽は心を元気にし、笑顔をもたらします。
ボランティアバンドの活動をサポートし、
健康寿命の延伸に取り組んでいます。

心のケアで笑顔を作る活動を支援

「音楽で心のケア」を目的とした、介護施設を中心に訪問するボランディアバンド「タイムマシン」の活動を支援しています。「演奏と音楽を楽しんで笑顔になってほしい」と生バンドによる唄と演奏を届け続けています。

会社概要

会社名 株式会社リソウ
設立 平成7年5月
所在地 〒104-0061
東京都中央区銀座2-5-8 GM-Gビル6F
TEL 03-5159-4011
FAX 03-5159-4147
代表者 齊藤 紀克
事業内容 化粧品・美容食品の企画研究、開発、販売
第三者機関との提携による皮膚組織と美容成分の調査
バイオ技術による成分の開発
取引銀行

三菱UFJ銀行 京橋支店・日比谷支店